御見積りの有料化について

見積り無料という事が世間で謳われるようになってから十数年が経ちますが、これまで業を続けながら 私共は 見積り無料についてずっと長い間 疑問に思っており、昨年の震災をきっかけに御見積の有料化に踏み切る事に致しました。その理由として、400件以上もの依頼がありましたが、未だに回り切れていないお宅がございます。一番の原因は、材料の不足と職人の不足です。そんな 現場も回らない、売り上げも上がらない中、知人の紹介で1軒の新築建替の見積依頼がありました。工事を急ぐと言われ、震災の補修工事の合い間に、現場調査に数回訪問し、設計士に図面を依頼、各業者からの見積もりを集め 見積りがまとまった頃には1カ月以上を費やしていました。しかし 後でわかった事ですが、弊社に見積依頼をされた頃には、既に工事をする業者は決まっていた様でした。結局、その業者の見積金額が高いのか安いのかを知りたくて知人の名前を使い弊社に依頼をされ、お客様1人の確認の為だけに、業者20社近くを動かしたのです。大手ハウスメーカーですと1軒に対して何人もの営業が対応してくれますが、弊社は少人数での営業の為、大手の様に素早い対応や満足のいく対応とまではいきません。ですが、家を建てる事、リフォームする事は、大手と変わりありません。大手ハウスメーカーも私共の様な工務店に依頼して家を建てているのですから。勿論工事をして頂く前提での御見積はお作りいたしますが、中には 初めから工事する気は全く無く、保険に提出するだけが目的で頼まれる方や、数年後に工事は考えてはいるが、今すぐではないという方もおられ、見積依頼をされるお客様自体がここ十数年の間に様変わりしてきた事を実感しております。弊社と古くからお付き合い頂いている方は御存知と思いますが、御見積を作成する際、現場調査(測量・写真)の上、材料、工法、工程などを吟味して予算に合わせてお作りする為、どうしてもお時間がかかります。ご理解いただいた上で皆様順番にお待ちいただいております。本来、見積が無料で出来る訳はありません。なぜなら、人が動くと人件費が掛かります。車を動かすと燃料費が掛かります。業者に現場調査に来てもらうと同じ様に費用が発生します。また、来てもらう業者が20社あれば 弊社もまた同じように現地へ調査に行く必要が出てきます。こうして決まらなかった御見積にも実際に費用は掛かっているのです。こういった見積りだけのお客様が年々増えていくと・・・ 正直言って商売は成り立ちません。各業者も工務店の仕事を敬遠していきます。そうなると本末転倒です。そこで、弊社では 御見積無料を廃止する方向で動く事に決心致しました。見積には、商品や材料・人工代だけでなく、使う道具や養生費、燃料費、事務所の運営費等も含んでおります。現場の納め方を理解しているプロが作っている見積りと、そうでないものとの違いは大きいですよ。リフォームの場合は、特に最悪の場合を想定して見積りをしないといけない為、素人の見積りの場合、見落としが多く、返って当初の見積もりより高くなる傾向にありますのでご注意ください。ですが、とりあえず安さだけを追求される方には、御見積の過程や内容など関係ない様なので、どうぞ激安店の方へお問い合わせください。また、御見積をお急ぎの方は 申し訳ございませんが、少人数での営業の為、どうしても対応が遅いと思われます。最初から どうぞ他のお店をあたってください。弊社は、真剣に工事を考えていらっしゃる方のお手伝いがしたいと考えております。時間と労力をかけてお作りするからこそ 見積無料という訳では 本来いけないのだと思います。お客様の為にわかりやすく最適な御見積をお作りする為にも、今後 御見積は有料とさせて頂く事と致します。どうぞ ご理解の程よろしくお願い申し上げます。